2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「快楽としての戦争」--毎日新聞の連載記事

今日(6/11)の毎日新聞に興味深い記事を見つけた.「平和をたずねて」というシリーズの,「快楽としての戦争」の2回目.急いで一週間前の1回目(6月4日)を探し出して併せてコピーを取った.

平和をたずねて:快楽としての戦争/1 そこに「素敵!」もあった
平和をたずねて:快楽としての戦争/2 心のすき間に忍び込む

福岡県のある小都市の山間にある旧薦野村出身のもと兵士が寄せた戦争体験の手記集で,1984年に出版された本の記述から1回目の記事は始まる.冒頭にあるその本からの引用文は次のようなものだ.

「敵兵捕獲しては穴を掘って銃殺する事何人と数え切れない程です.・・・戦火の合間には町,或は民家へ巡視警備に出動致し,食料の徴発其の他支那人の女美人とも接し本当に楽しい事も有りました。本当に支那の婦女は美しいです。素敵!尚まだ色々と有りますが此の位にして置きます.」

ほかにも同様の,いわば戦争の快楽を表現した元兵士の言葉が引用されている.つまり,戦争体験の伝承というと,当然ながら悲惨さ,つらさ,苦しさがその主な内容になるのだが,決してそれだけではない,あきらかに兵士に「快楽」として記憶されたものもあるということだ.

戦争に期待した気分も告白されている.

「日本が戦争したころは,内地におっても全然面白くないし,戦争なんかやったら何かおもろいことあるんとちゃうか,という気分がありましたね.・・・」

この記事が指摘するように,この事実はとても重大な問題を提起している.そして今日の記事の締めくくりに,昨年話題になった「希望は戦争」という,一人の若者が書いた文章が引き合いに出されている.数日前の秋葉原の悲惨な事件も,犯人の若者が,いわば一人で勝手に「戦争」を始めてしまったのかも知れない.ただしこれらは快楽を求めてではなく,社会に対する「報復」として.

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pegasusbis.blog35.fc2.com/tb.php/66-f241e494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg   youtubelogo.jpg yamamoto1999


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。