2017-05

チベット問題で共産党が中国に向け発言

かなり遅きに失した感があり,また内容も生ぬるいという印象もありますが,ようやく日本共産党がチベット問題で中国にものを言いました.

チベット問題――対話による平和的解決を

志位委員長が胡錦濤主席に書簡

http://www.jcp.or.jp/seisaku/2008/20080403_shii_syokan.html

以下にそのままコピーします.

中華人民共和国国家主席 胡錦濤殿

 チベット問題をめぐって、騒乱・暴動の拡大と、それへの制圧行動によって、犠牲者が拡大することを、憂慮しています。
 事態悪化のエスカレーションを防ぐために、わが党は、中国政府と、ダライ・ラマ側の代表との対話による平和的解決を求めるものです。
 そのさい、双方が認めている、チベットは中国の一部であるという立場で対話をはかることが、道理ある解決にとって重要であると考えます。

 だれであれ、オリンピックをこの問題に関連づけ、政治的に利用することは、「スポーツの祭典」であるオリンピックの精神とは相容れないものであり、賛成できないということが、わが党の立場であることも、お伝えするものです。
         日本共産党中央委員会 幹部会委員長  志位和夫

ブログ米国からの便りさんが次のように書いていますが,同感です.
「もし中国政府に対してチベットへの弾圧行為をやめるように声明を出していれば、日本共産党の国内での評価は大きく上がった可能性が高いのに。 今回無視を決め込んだことで多くの日本の有権者は日本共産党も政権を取ったら中国政府のように国民を弾圧するのではという警戒心を埋め込まれた可能性が高いと思います。 今回の中国政府のチベット人への弾圧は日本の有権者に対して日本共産党の評価を高めるチャンスでもあったのにそれを逃した日本共産党。・・・・」

この書簡は一歩前進と思いますが,さらに進んで欲しい.ルーマニア・チャウセスクの暴政や,カンボジアでの大量殺戮に長いあいだ気づかなかった誤りを繰り返してはいけません.

当ブログ関連記事:ラサの抵抗に日本の左翼は?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pegasusbis.blog35.fc2.com/tb.php/43-68c37f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg   youtubelogo.jpg yamamoto1999


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる