FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権下「だけ」での改憲反対?

(目次:軍隊で実際に国が守れるのか「攻められらどうするのか」「電子国家」の国防共産党の「自衛隊活用」論について

安倍政権下「だけ」での改憲反対?
護憲運動の中では,「安倍9条改憲NO!」や「安倍政権下の改憲阻止」というスローガンがよく見られる.というより,9条改憲反対のスローガンが「安倍」の接頭語と癒着してしまったかのようだ.もちろん,現在の安倍政権の下で改憲されたらたまらない,改憲に進む危険度も高い,そしてより幅広く結集しやすい「最低限レベル」のスローガンが選ばれた,という事情を反映してのことだろう.しかし同時にこのスローガンはまた,安倍政権がまだ相当期間続くことを暗黙に認めている.不正とスキャンダルにまみれたこの政権は,これまでにも何回も潰れていたはずのものではないか.まだ延命を許すつもりなのだろうか.また,安倍政権下でなければ9条改憲もありうるということも,暗黙に含意している.「幅広く結集」の役割と同時に,極めて危うい性格も持つ.

重要なことは,行動や主張の幅を狭めないことだ.「9条原理主義」,つまり自衛隊違憲=廃止論,つまり人道的救助組織への改編などがもっと姿を見せなければならない.声を響かせなければならない.これは護憲派の分断ではなく,護憲派に厚みを加えることだ.護憲派の多くが値切られてしまって,「専守防衛なら自衛隊OK」という線まで後退しているように見える.しかしこの論は矛盾を含み,そのため説得力を欠く.9条原理主義は,護憲派がズルズルと改憲派に引きずられないための,重要な左からの「錨」としての役割も果たさなければならない.

軍隊で実際に国が守れるのか
kurashinotecho18spring66.jpg伊勢崎氏らの「新9条論」は,実質的に自衛隊加憲と変わらない.そのことによって法体系が完全なものとなることはその通りだ.「軍法」を持たない武装組織という矛盾はなくなる.しかし,法的な完全さと,戦争になりにくさとを天秤にかけなければならない時,つまり「9条と自衛隊」の矛盾がまさにそれだと思うのだが,どちらを選ぶべきだろうか?答えは明らかだと思う.

伊勢崎氏の新9条論については,昨年9/18の記事で彼の著書「新国防論」を批判したが,同じような主張が「暮らしの手帳」2018年春号に出ている.彼は自衛隊という言葉の代わりに,「迎撃力」としているが,実質的に同じことだ.このように,「専守防衛」的な性格の軍事力を肯定する人が多数派となったかに見える現在だが,果たして軍事力があれば侵略から,100%とは言わないまでも,相当な確率で,また少ない被害で国土と国家,そして住民を守れるのだろうか?それは単に希望的観測に過ぎないのではないか.

大規模な自然災害から十分に防護することは不可能ということは誰でも分かる.戦争や侵略でも同じで,侵略者は決して簡単には撃退されないような装備と戦術でかかってくるだろう.つまり,武力抵抗すれば少ない被害で防衛できる,などということは希望的観測に過ぎない.世の中には,「どうにもならないこと」というのがあるのだ.それとも,「名誉のためには武力で一矢(いっし)は報いるべきだ」とでもいうのだろうか.

「島嶼防衛」のような,海洋や人口の少ない場所での交戦はどうか?そもそも,そのようなケースで殺し合いをすべきなのか?仮に一時的に占拠されるとしても,国際的な司法システムを経ると言うぐらいの忍耐を持つべきではないのか.

「攻められらどうするのか」
作家の保阪正康氏は,「明日攻められらどうする というネトウヨ的質問には『答えない』が正解」と述べている(https://snjpn.net/archives/40787).説得力ある議論だが,彼が言うような内容で「答える」ないし説明する必要はあるし,また「明日」でないとすれば,「攻められる」ことは全くあり得ないことではないので,正面からの答えも用意しておかなければならない.私の答えは,このブログで繰り返し述べている「代替防衛」である.その一つにリンクする.→憲法九条下での国防
もう一つは「対称性」→「攻められる」ことと「攻める」こととの等確率性

20180115_wb_nl03_4cad3c978f82f28b_9.jpg「電子国家」の国防
テレ東WBSの1月15日の放送で,エストニアの「電子国家」ぶりが紹介されたが,その中にも「国防」についての重要なヒントがあった.同国では,行政に必要な情報はほとんどすべで電子化されている.国会ですら,議員はスマホやタブレットで議事に「出席」できると言う.

「国防」に関しては,国家の3要素,領土,国民,主権のうち,仮に領土が蹂躙されても,統治に必要な「データ」を奪われなければ,侵略者は国家を統治することが出来ない.そこで同国政府はそのデータを世界各地に分散保管しているという.スタジオでは,「領土」ではなくて「データ」こそが重要ということを表すフリップが示された.
DSC_2068.JPG

共産党の「自衛隊活用」論について
なお,共産党の「自衛隊活用」論は,伊勢崎氏の9条と自衛隊をめぐる論理的批判の100%の標的になる,つまり氏に対しては全く反論できないお粗末な議論である.これについては,次の記事に詳しく書いている.
共産党の大会決議案に「自衛隊を活用」が復活

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pegasusbis.blog35.fc2.com/tb.php/429-db43539c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg   youtubelogo.jpg yamamoto1999


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。