2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.11大占拠に呼応する佐賀の脱原発集会

東京は大雨だったようですが,佐賀はさいわいほとんど降りませんでした.佐賀市役所南の公園におよそ200人が集まりました.写真はスピーチする元原発労働者の梅田隆亮さん.原発労災給付不支給処分の取消を求める裁判の原告です.
umeda.jpg
私は冒頭で主催者代表としてあいさつをすることになったので,そのスピーチ原稿を紹介します.
——————
さよなら原発佐賀連絡会を代表して,参加の皆さんにお礼と連帯のご挨拶を致します.本日の行動は,東京でほぼ同時刻に行われる「百万人大占拠」に呼応する集会として,企画いたしました.

わたしたち佐賀連絡会は,毎週金曜の夕方に県庁横で脱原発のアピール活動を主催しています.7月13日以来すでに18回を数えます.

昨年末に野田首相は福島原発事故の「収束」を宣言しましたので,福島事故は終わったことと思っている人もいるかも知れません.しかし実際には今も「原子力緊急事態宣言」は出されたままです.溶け落ちた核燃料はどこにあるか分からず,宙に浮く裸の原子炉というべき「燃料プール」はいつ地震で崩壊してもおかしくありません.そして多くの人は避難生活を強いられ,または避難できずに高い放射線にさらされながら生活することを余儀なくされています.

チェルノブイリ事故でのベラルーシやウクライナの避難基準を超える地域に多くの人が住み続け,避難は被害者に責任を転嫁するいわゆる「自主避難」ということを強いられています.

国や福島県の対策は除染一辺倒で,除染が終わるまでの避難というかたちで除染と避難を両立させるのではなく,除染はむしろ避難を回避する口実として使われています.福島市の担当者による「避難は経済を縮小させる」という言葉が伝えられています.私たちはデモのシュプレヒコールで「金より命」というフレーズを使いますが,まさに命より経済,つまり命より金ということがまかり通っています.このような状況を許してはなりません.

このように,福島県を中心に重大な人道的問題が発生し,継続しているにもかかわらず,その重要度にふさわしい量の報道がありません.そのため,多くの国民だけでなく政治家・政党がこの状況を放置し,福島県民を見殺しにするという状態が続いています.双葉町の井戸川町長はわざわざジュネーブまで出向いて,国際社会に訴えざるを得ないのです.(→書き起こし

井戸川町長は政府の,年20ミリシーベルトの線量で住めという政策を批判しています.そして,政府関係者に「あなたの家族と一緒に住んで下さい」とお願いをしている,しかし彼らは誰一人として「住む」という人はいまだにいない,と述べています.

政府はそのような,住民に被ばくさせる政策を取りながら,しかも原発を,大飯の2基を再稼働させました.原発輸出を止めるつもりもありません.これは原発被災者に対する大変な侮辱であるだけでなく,精神的な第二の加害行為です.

原発は,もし事故を起こさなくても,運転すればそれに比例して放射性物質を生産します.それを無害化する方法はありません.原発1基が1日稼働するごとに,広島原爆4発分の放射能が生じます.その中で長期的には最も有害なプルトニウム239の半減期は2万4千年です.つまり,われわれの800世代後の子孫に,われわれが作った毒物の今の半分の量を引き受けさせることになるのです.われわれの800世代前は縄文人です.かれらがそのような毒物で環境を汚していたとしたら,われわれはどのような言葉で彼らを非難するでしょうか?

国際司法裁判所の前の副所長で,スリランカの法律家であるウィーラマントリーさんは,3.11のわずか3日後に,原発廃止を訴える書簡(→オリジナル)を世界の環境担当大臣に送りました.その手紙の中で次のように述べています.

「もし、石器時代の人々が環境損害を発生させて、私たちの世代に先天的な奇形をもたらしたなら、私たちは彼らを残忍、粗暴で野蛮な人間だと非難するでしょう。もっとも、彼らは将来の世代に引き起こされる損害を想像できなかったかも知れません。他方,私たちは、将来の世代に引き起こされる悲劇的な損害について完全に認識しながら、そのような危険がもたらされることが明らかな活動,つまり原発を推進しているのです。」
「この結果、私たちは、人類史上もっとも破壊的な世代になってしまったのである」
このように述べています.

なぜこのようにあきらかに道徳的に間違った発電方法に固執する人がいまだにいるのか,私にはどうしても理解できません.しかしこれらの人々の勢力は非常に強力です.脱原発を成し遂げることは並大抵のことではありません.そして,福島事故が進行している今,この災いを教訓として生かすことに失敗すれば,脱原発はますます困難になるでしょう.

上映中の映画「希望の国」は第二の福島事故を描いています.この映画のように,もう一度「フクシマ」が繰り返されなければ脱原発が実現できないのでしょうか?まるでヒロシマの後にナガサキと,二度も原爆を使わせたような過ちをまた繰り返すのでしょうか?

子どもたちのために,次の世代のために,私たちの世代の責任を果たしましょう.

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pegasusbis.blog35.fc2.com/tb.php/301-363ef428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012-11-11 【 No Nukes ! さよなら原発福岡集会】

2012年11月11日(日) 全国すべての都道府県で行われる さよなら原発の行動に連帯して 福岡市では博多区の冷泉公園で、集会が行われました。 福岡県内でも他に北九州・久留米・直方

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg   youtubelogo.jpg yamamoto1999


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。