2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北九州市のがれき焼却とCCA木材

北九州市のがれき焼却に関して,木材のがれきに含まれる化学物質が問題ではないかとのブログ記事がありました.CCA処理木材(クロム・銅・ヒ素を主体にする殺虫剤処理された木材)に含まれるヒ素や六価クロムが健康被害を引き起こしているのではないか,というものです.
http://sparrows55.exblog.jp/19062184/
この件に関して,化学者の友人に聞いてみました.彼の見解をそのまま紹介します.
-----------

粉塵による害について、

 クロムは高熱処理により六価クロムとなり有害性が高まります。クロム鉱石焙煎工場(メッキ液作成)で粉塵の長期暴露で、鼻中隔欠損などの病気が多発しで問題になった事例があります。CCA木材を焼却すれば、含まれたクロムは、六価クロムなります。CCA木材だけを焼却し、その粉塵だけを吸入すれば問題がありそうです。

 ブログには、「実際に多くの住民の体調の異変が焼却開始日からすぐに発生しています。まさに速攻であり鼻血などが単独の症状で発生するケースも多数発生しています。」

この記述では具体的にどの程度増えたのか、季節的な影響(気候の変わり目、8月中旬がその頃)はどうなのか分かりません。昨年と比べてどうなのでしょうか。粉塵なら、風向きが重要と思われますがそれが分かりません。

 鼻血はアレルギー性鼻炎によるものが考えられます(粉塵、埃、動物性埃、花粉など)鼻炎により鼻汁が出てそれで鼻をこすることであるいは炎症が激しくなって鼻血となる。これは季節的影響を受けます(季節の変わり目は体が過敏になる)。この場合クロムとは限りません。

 焼却用物は各種の物質が多量に混在し、CCA木材に限定すると、クロム濃度的には短期的にはありそうに思えません。ヒ素も長期的には危険ですが、濃度的に低くて急性的な症状が出るとは考え難いです。

 CCA木材だけでなく、アスベストなど焼却しても残存するものがあります。粉塵としてのアレルギーもあります。この場合季節変動があるので、過去2,3年の同じ時期の患者数の発生状況と比べてみる必要があります。

 以上ブログの内容だけでは漠然としています。CCA木材含む瓦礫焼却が、鼻血の原因というには無理があります。ただ焼却灰中の重金属等濃度は、チェックする必要はあります。北九州市はそのチェックを出来ると思います。北九州市は中小の工場も多く、下水に重金属を含みやすいので下水のチェックしていると思うので面倒な作業ではないはずです。
-----------

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pegasusbis.blog35.fc2.com/tb.php/296-774d7789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg   youtubelogo.jpg yamamoto1999


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。