2017-04

北朝鮮のロケット発射に関する「赤旗」の論調は孫崎享氏より右寄り

しんぶん赤旗の14日の紙面は,一般の他紙と同様,北朝鮮のロケット失敗のニュースを大きく扱っている.しかしその論調は元防衛大学校教授・孫崎享氏のツイッターよりも「右寄り」だ.孫崎氏のこの件での14日朝の3連ツイートを編集して引用する.
https://twitter.com/#!/magosaki_ukeru/status/190926626610098176

14日読売社説批判・北朝鮮、社説「安保理も、新議長声明や決議採択すべき。北朝鮮を非難するとともに、経済制裁を強化し、国際包囲網を強固にする必要ある」と主張。これが今の日本の空気。安保理議長国は今、米国。では新たな制裁決議をしたか。WP報道「国連北朝鮮を非難。新たな制裁無し」(米国は食料援助停止)。厳しい制裁の採択は北朝鮮を追い込み、核実験実施等北朝鮮を更なるマイナス行動に誘導するという他国の懸念に配慮した物。日本は北朝鮮が安保理決議に違反したから制裁しなければならないと騒いでいるが各国は冷静。今次実験でまさに北朝鮮からミサイルで攻撃されるように騒ぎ、実現出来ないPAC3でさも撃墜できるかの如きプロパガンダを行い、集団ヒステリーに突入。少しは国際主要国の反応を見たらどうか。何故世界の他国は大騒ぎしていないのか。日本への脅威は200−300の北朝鮮ノドンの配備。これにどう対応するのか。軍事的防御手段はない

冒頭,読売社説を短くまとめて紹介しているが,この紹介文だけ見ると,14日の赤旗の論調と大して変わらないと思えるほどだ.

北朝鮮(以下,朝鮮と略)のロケット発射は,宇宙開発は不可侵の権利であるという朝鮮の主張は形式的にはそうかも知れない.また,核開発をする国のロケット発射という意味では,米ロはもちろん,中国も同じだ.しかし,核運搬手段を"新たに"手に入れること,という意味で,とりわけ隣接する国の住民として脅威であり,反対せざるをえない.

しかし朝鮮がこのような軍拡に走る要因には,アメリカの圧倒的な軍事力と,それに足場を与え,「同盟」関係を称する日本,韓国の軍事力とがある.したがって朝鮮を追い詰めている自分たちのことを全く度外視して,朝鮮だけを責めるのは全く非現実的だ.もっと言えば,アメリカの産軍学共同体(いわば軍事産業ムラ)の利益と既得権の維持のために,世界各地での「緊張」がどうしても必要であり,時には実際に発火して武器の「在庫一掃」が行われなければならない.このようなメカニズムがアメリカを中心とした「同盟」の側に作動しているのである.14日の赤旗の論調にはそのような観点がほとんど見られない.

5カ所に分散してこの問題の記事があるが,今回の自衛隊のPAC3などの展開について,最後の15ページに「南西諸島への自衛隊配備の地ならし」という石垣島の平和団体の見方を紹介することで,批判的視点もわずかとは言え示してはいる.またさすがに赤旗は「ミサイル」という言葉は使っていない.

他方,一般のマスメディアの狂騒ぶりは甚だしい.爆弾を積んでもいない物を「ミサイル」と連呼しているので,東京のNHK(0570-066066)に「ミサイル」と呼称する根拠は何か,と問い合わせた.ちゃんと回答文が用意されていて長々と読み上げられたが,結局は「政府がそう言っているから」というお粗末なものだった.それなら「いわゆる」を付けるべき,と注文した.

NHK佐賀のローカルニュースでもやはり「ミサイル」を使うので,電話した.この応対はもっとひどいもので,話の趣旨が理解してもらえず,「国が言ってるから」「危ないものだから」「地方局マターでない」など非論理的な応答に始終した.しまいに「北朝鮮の者か?」と言われたのには,こちらも少々キレてしまった.NHKの人間までがこれほどfanaticになっているとは,実に驚きだ.もう少しエスカレートすれば,「お前は非国民か?」と問われるのではないか,そんな恐怖を感じる.

メディアの人たちには,どのようにして戦争が作られていくのか,ファシズムはどのようにして民衆を巻き込んで成長していくのか,是非とも歴史を勉強して欲しいと思う.もしかすると「世界史は必修でなかった」のか??高校で日本史も昭和まで行かなかったのか??

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pegasusbis.blog35.fc2.com/tb.php/277-1dcaa40e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg   youtubelogo.jpg yamamoto1999


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる