2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄知事選と村上春樹評 ― 週刊金曜日11月12日号

もう一週間遅れになりますが,「週刊金曜日」の二つの記事についてのメモです.
1.沖縄知事選の記事
週刊金曜日12日号の沖縄問題特集は全くピントがずれている.佐藤優編集とのことだが,沖縄に関するこの数週間の最大のアジェンダは「誰を知事にすべきか」のはずだ.ところが記事全体は,数十日の時間スパンではない,数ヶ月や1年以上のオーダーの問題である政府の沖縄政策のことを,焦眉の知事選の前景に持ってきている.特集冒頭の佐藤優の文章の頭の方には,「筆者は,今回の沖縄選挙のこの権力闘争の側面には,関心をあえて持たないようにしている」(14ページ上段)とまであからさまに述べているのだ.

一つおいて,佐藤と糸数,佐高の3氏の座談会記事(22ページ)も似たようなものだ.まるで,「金曜日」は沖縄知事選には「中立」を保たなければならないかのようだ.ちゃんと読もうという気さえ起こらない.いったいぜんたい「金曜日」はどうしたのだろうか?これでは,最低でも,この数日・数週間の沖縄のアジェンダ隠し,最大課題からの逃亡,はっきり言えば,「金曜日」でのこの言説は間接的な仲井真支援だ.もう今日19日は次の号が出ているはずだが,こちらでは土曜日にしか配達されない.果たしてまともな方向に変わっているだろうか?

2.村上春樹評
同じ号の,村上春樹を論じた中村うさぎ・小森陽一の2氏の対談には大いに納得した.すごく売れているというので,どんなものかと数年前に村上春樹の小説を一つ読んでみた.「カフカ」というのが表題にあるのにつられて,「海辺のカフカ」を読んだのだが,フランツ・カフカとは何のつながりもありはしない.内容も全く意味不明.それだけでなく,読後感が非常に悪い.どうしてこんな小説を書く作家の本がこれほど売れるのだろうか,それも,外国にまで,と不思議に思ったものだが,村上を徹底的にこき下ろしたこの対談記事で納得が行った.要するに,単なるブランド現象というだけのようだ.

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pegasusbis.blog35.fc2.com/tb.php/222-1e2f7497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg   youtubelogo.jpg yamamoto1999


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。