2013-09

特定秘密保護法案パブリックコメント提出

「『特定秘密の保護に関する法律案の概要』に対する意見募集」に以下のように意見を送りました.
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060130903
------

1. 今回の公募そのものについて
1.1 募集期間が短すぎる.
1.2 意見公募要領では,提出意見の取り扱いが不明である.だれがどのように読むのか,また結果を公表するのか(個人情報は別として),など.意見はその取り扱いが明示され,かつ公表されて始めて「意見」となるのであり,さもなくば江戸時代の「目安箱」と変わらないのである.

2.法律案について
2.1 法律案の概要では「特定秘密」が明確に定義されていないので,評価に値しない.
つまり,「第1 趣旨」で,「当該事項の保護に関し、特定秘密の指定及び」 とあるが,「当該事項」イクオール「特定秘密」となるとは文章上明確でない.
「第2 概要」1(1)ア が実質上の定義になっているようだが,そうすれば「行政機関の長」が決めたものが「特定秘密」となり,法治主義の原則に反し,「人治」となる.

2.2 第2 概要1(1)イで,「アの要件を欠くに至ったときは速やかに指定を解除するものとする。」とあるが,指定解除が義務かどうか分からない.「するものとする」は普通,努力義務を規定するに過ぎないのではないか.

2.3 処罰について
第2 概要2(2)に,「人を欺き」 とあるが,「欺き」の定義がないため恣意的な適用が可能である.

2.3 公益通報者保護法への言及がなく,両者の法律のあいだでの上下関係が不明である.

以上より,この法律案(概要)は,憲法が規定するあらゆる自由権を侵害するものと断定される.ただちに撤回すべきである.

------
参考にしたブログなどは以下です.
いちからわかる特定秘密保護法案~特定秘密保護法案は秘密のブラックホール?
上にリンクしているページ
http://www.jkcc.gr.jp/menu6.html

全文を表示 »

東電元役員らへの告発,わずか1時間で不起訴を判断?

先週金曜,東京電力役員などが告発された事件で,東京地検が全員不起訴としたニュースが流れた.

福島原発告訴団の経過説明によると,「12時過ぎ、福島地検が事件を東京地検に移送。13時過ぎ、東京地検が『不起訴処分』決定」とある.つまりこれだけ被告も多数,事件内容も複雑な案件を,わずか1時間で捜査,判断したということか?それとも,福島地検が判断したものに東京地検がハンコをついたということか?つまり各地の地検は独立したものでない??

また,9月10日付けの弁護団の「抗議声明」によると,同告訴団は,政府関係者も多数告発しているものの,菅元首相ら政治家は一人として告訴していないとのことである.ところが今日の毎日新聞の見出しは「菅元首相ら全42人不起訴」とあり,告発の主なターゲットが菅元首相であるかのような印象操作が行われている.たとえ菅氏に何らかの刑事責任があったとしても,東電元幹部のそれとはレベルが違う.

このニュースを,上記毎日は1面の第2項目として大きなスペースを割いていたが,それに比べて赤旗の扱いの小ささに驚く.ラジオテレビ欄の一つ前,つまりニュース紙面の最後のページに,ほとんど豆記事なみの扱いである.毎日の記事にはある「福島原発告訴団」の名称もなく単に「市民団体」とあるだけなので,ネット検索の手がかりさえつかめない.
<毎日,10日の1面>
DSC_5035w540c.jpg
<しんぶん赤旗,10日の15面>
DSC_5038w1200.jpg

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg フェイスブックへ


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる