2012-02

小説「ジェノサイド」

genocidecov.gif高野和明という作家の長編小説「ジェノサイド」を読んだ.冒険小説にしてSF,現代の「戦争と平和」の問題が深く折り込まれている.読み出したらやめられない,スリリングな筋立てに感心し,また「米帝批判」を見事なエンターテインメントに仕上げた作家の技量に脱帽する.

南アフリカの人種隔離政策批判が,これも見事なエンターテインメント作品「遠い夜明け」という映画で1987年に製作・公開されたが,そのわずか7年後に,この抑圧体制が27年間も獄舎に繋いでいたネルソン・マンデラが大統領に就任した.

アメリカの世界支配体制の徹底的な批判をエンターテインメントにしたこの作品が映画化され,それがこの体制を揺るがせるきっかけになればと思わずにはいられない.

イラク戦争や国名は実名で出るが,アメリカ政府の閣僚は変名にされている.しかし大統領と副大統領の二人は,イニシャルが同じなのは恐らく意図的だろう.
現実               小説
ジョージ・ブッシュ大統領    →バーンズ
リチャード・チェイニー副大統領 →チェンバレン
国防長官は,現実のラムズフェルドが小説ではラティマーという名前.日本語のカタカナでは同じでもアルファベットにするとRとLで違うようだ.また,チェンバレン副大統領(現実のチェイニー)の小説中での運命にご注目を.

以下に引用する一節がこの小説の骨太さを代表している.最後にあるアイゼンハワーの有名な「軍産複合体演説」の全訳は次に置いています.
http://ad9.org/pegasus/kb/EisenhowerAddress.html
(関連記事 http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2009-01-22 )

全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg フェイスブックへ


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる