FC2ブログ

2008-10

世界最大のテロ「実施」国家は?

昨日,アメリカが北朝鮮の「テロ支援国家」指定を解除したというニュースがあった.北朝鮮に拉致された人の家族たちがこれに反発していると,NHKがさかんに伝えていた.「重要なカードをなくした」というのだが,ほんとにそうだろうかと思う.拉致家族の全員がそう思っているのだろうか?最後に引用する共産党の志位委員長の談話のように,緊張緩和の方に向かうことは,むしろ拉致問題の解決にも近づくのではないかと思うのだが.実際,この数年間,日本政府は「硬軟」のうちほとんど「硬」の対応しかしてこなかったが(ないし無策),何の成果も挙がっていないのだ.

この件に関して,拉致家族の人たちがブッシュ大統領に要請するシーンが何度もテレビで流される.あらゆる手だてを使いたいという家族の気持ちは全く理解できるが,やはりある種の「奇妙さ」を感じないわけにはいかない.要請の相手自身が現在まさに大量の「拉致事件」を起こしている張本人だからだ.キューバのグアンタナモ刑務所にアフガニスタンなどから拉致されてきた多数の人々が何年間も監禁されているという事実は,テレビは全くと言っていいほど報道しない.

国連の潘基文事務総長は昨年1月の公式記者会見で,グアンタナモ刑務所の閉鎖を要求している.(なぜか日本のメディアの記事は検索にかからない.)
http://japanese.cri.cn/151/2007/01/12/1@83722.htm
先代の,アナン事務総長もまた,この1年ほど前に,これが国際法違反であるとして閉鎖を要求しているのだ.(次の赤旗の記事参照)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-02-18/2006021807_01_0.html

これら二人の国連事務総長の見解については,テレビだけでなく新聞も伝えていないのだろうか,それともグーグルが操作しているのだろうか,日本の主要メディアの記事が全く検索にかからない.(検索語:グアンタナモ × 国連事務総長)

頼りの「しんぶん赤旗」にしても,アナン事務総長の談話は出てくるが(上掲),最新の潘基文事務総長のものが出てこない.

また,今日のしんぶん赤旗には,この「指定解除」についての共産党の志位委員長の談話が載っている.ごく簡単に要約すると,(1)核施設立ち入りの合意と関連したこの動きを歓迎し,北の核の完全廃棄につながることを期待する(2)拉致問題解決の新しい条件となりうる(3)日本政府は主体的な外交を,というものだ.上に述べたように,拉致問題関連でもこの動きを肯定的にとらえている.

ただ,私に言わせれば,この談話もかなり奇妙だ.世界最大のテロ「支援」ならぬテロ「実施」国家であるアメリカが,他国を「テロ支援国」指定をしていたなどということ自体がそもそも笑止千万である(「仲間として認定」するのなら話は別だが).また,上に述べたように,現時点でのおそらく世界最大の拉致実行国家でもある.このことにも一応は触れて欲しかった.

(最終修正:08.10.14)

振り込め詐欺についての簡単な疑問

今日の9時のNHKニュースで,振り込め詐欺のことを大々的に取り上げていたが,たぶん,私だけではなく,かなりの人が疑問に思うようなことが全く解説されない.

まず,機械ではふつう,たしか10万円ぐらいまでしか振り込めないのに,どうして簡単に50万とか100万の振り込みができるのか?

そして,銀行に口座を作るには,きちんと身元を確認されるはずだ.詐欺が起きたとすれば,その犯人はその口座の持ち主か,それと関わりがある人間のはずだ.だからすぐに犯人は捕まえられるのではないか.なのにどうして振り込みの「現場で止めるしかない」などと言うのか?

事情を知っておられる方,どうか教えて下さい.

追記:口座の問題については,「教えて!goo」というサイトに答えがほぼ見つかりました.
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1278531.html
こういう話こそテレビで取り上げて欲しいです.

今度の土曜日に長崎で「ファスレーン365」の話をします

長崎平和研究所による「長崎平和研究講座」でファスレーン365の話をします.一般参加が可能かどうかは,同研究所にお尋ね下さい.

日時:  10月11日(土),13:30-16:00
場所:  長崎市民会館 地下、第5会議室(電話095-825-1400)
タイトル:『ファスレーン365』と非暴力直接行動の持つ意味
レジュメを公開します.スライドも公開します(注意!12.8MB).
主催:  長崎平和研究所(TEL:095-848-6003)
http://www.nagasaki-heiwa.org/n4/npi.html
(一回の受講料は一般1,000円,学生500円です.)

2日前に講演を聴いた人がノーベル賞を

帰りの車のラジオでビッグニュースが耳に飛び込んできました.物理学の人間にとってはとりわけうれしいニュースで,南部,小林,益川の3氏に今年度のノーベル物理学賞が贈られると伝えていました.

実は,当ブログの3つ前の記事には,受賞者の一人,益川敏英氏の名前があります.私もこのシンポジウムに出席し,氏の話を聞いていました.わずか2日前に講演を聴いた人がノーベル賞を受賞することになるとは,これは非常にまれなことでしょう.もっとも,テレビニュースが伝えるように,この季節になると,「今年こそは」と期待された人ではありましたが.

当日のムービーから取った写真を掲載します.短いムービーもアップします.
SANY0544s2.MP4
なお,前日の,環境,平和問題をテーマとしたシンポジウムの様子はあんくるトム工房さんや,ポラリスさんが写真付きで紹介されています.実は,これにも益川さんはフロアで聞き手として参加されていて,質問もされました.

さらに追記:国立大学の独立行政法人化に反対する運動「独法化阻止全国ネット」には,益川さんには賛同者として名前を連ねてもらっていました.当時は京大基礎物理学研究所の所長でした.
当時の賛同者リスト, →当時,私が「週刊金曜日」に発表した3ページの文章

追記:当日の益川さんの講演は,実行委員会がテープ起こしをするそうです.

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg   youtubelogo.jpg yamamoto1999


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる