2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性ダストによる鼻腔粘膜の被ばく量は?

小学館のビッグコミック・スピリッツ掲載の「美味しんぼ」が,特にその鼻血についての描写が政府によってまで攻撃されるという異常事態となっている.専門家の一部も,あの程度の線量では放射能との因果関係は考えられない,と言っている.しかしその発言をよく見ると,外部被ばく線量,つまり空間線量の値をもとに議論しているようである.そうではなく,鼻腔粘膜の局部的な線量,つまり内部被ばくを問題にしなければならない.

このような考察を,事故から3ヶ月後に行っているブログがある(以下,元ブログと表現).

福島第一原発事故 大気中の放射性ダストと鼻血(ノドの痛み)の関係について
http://ameblo.jp/study2007/entry-10925145430.html

その内容を紹介する.引用先の文書のurlが変わってしまっているものは,以下では現在のものに修正している.また文章も少し簡略化している.また,核データの使い方が誤っているところも(ベータ線の平均エネルギーを使うべきところを,最大エネルギーの数値にしている)修正している.
-------
まず1日あたりの吸気量は10才の子どもで15.3m^3.約15 m^3とする.
http://www.nirs.go.jp/data/pdf/i14_j3.pdf

気化した放射性ヨウ素やセシウムは気体の状態でも飛ぶが,(主に)ホコリ等(エアロゾル)にくっついて振る舞う.
数ミクロン以上の微粒子が鼻腔や気管支で捕集・排泄されるとのことである.
 (ダストサンプルも粒径0.1μm以上の「ダスト」をフィルターで越し取る)
  http://www.kankyo-hoshano.go.jp/series/lib/RM1.pdf)

大気中のダスト測定は(特に事故直後において)あまりデータが取られておらず明確なことは言えないが原発近隣地域では1000Bq/m^3程度は何日か続いた恐れがある.
http://www.nsr.go.jp/archive/nsc/anzen/shidai/genan2011/genan031/siryo4-2.pdf
 (追記:2011年8月24日の原子力安全委員会でヨウ素とセシウムの総放出量はそれぞれ10%程度下方修正された.Te-132の評価モデルを用いた為で放射線の総量という意味では多少議論が複雑化するがオーダー的には変わらないと仮定.)

10日間程度(内部被ばく的には20日程度)粘膜が晒されると「狭く薄い範囲」とはいえ1シーベルトオーダー(引用者による訂正:0.1シーベルトオーダー)の被ばくをした恐れがある.これくらいになると僅かな刺激で鼻血や血痰が出る事はそれほど珍しいことではない.
(次は元ブログの図をそのまま引用)
5.jpg
つまり,1,000Bq/m^3の空気を15 m^3/日の割合で10日間呼吸し,その10%が鼻腔粘膜に沈着したとすると,10日後の蓄積量は

1,000 [Bq/m^3] × 15 [m^3/日] × 10[日間] × 0.1 = 1.5×10^4 [Bq].

これが同じく10日間かかって排泄されたとすると,鼻腔粘膜での総崩壊数は
平均1/2×1.5×10^4 [Bq]×3,600秒×24時間×(10日×2)= 1.3×10^10.

これにより粘膜が受け取るエネルギーは,ヨウ素131からのベータ線の平均エネルギーを0.192MeVとして(元のブログでは誤って0.6MeVとしている)
E = 1.3×10^10 × 0.192×10^6 ×1.6×10^-19 = 0.398×10^-3 [J].

鼻腔粘膜の質量を,元ブログに従って2[g]=2×10^-3 [kg] とし,RBEを1とすると,
被ばく量は
(0.398×10^-3)÷(2×10^-3)= 0.199[Sv] = 199[mSv]

核データの間違いがそのまま反映して,元ブログの見積もりの約3分の1になるが,やはり,「そのような症状が起きる線量より桁違いに少ない」ということは否定され,むしろ近いレベルの線量と言わなければならない.

なお,事故直後の原発近隣の大気中放射能濃度は,文科省のサイトで新しいデータも公表されている.
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/list/222/list-1.html

それによると,双葉郡広野町下北迫で3月21日に5,600[Bq/m^3]という高い値も記録されている.

なお,この元ブログの筆者は転移性肺癌と闘病しておられるとのことなので,その後どうされているか気になる.

コメント

その理屈では

震災から3年たった今も鼻血がしょっちゅう出るレベルなら。
同じく粉じんを吸い込んだ肺や気管支からの出血がないのはなぜ?

って簡単に考えられるんですけど、その辺の検証どうなんでしょ。

また、粉じんがあまりにひどい場合、粉じんで鼻が炎症を起こして鼻血もあり得ますしね。

また、それは現時点でも鼻血が止まらない人がいるとか、今でも鼻血が(現地にすでにいないのに)出るという説明にはまったくなりませんが。

鼻血

貴重な情報ありがとうございます。私のブログの次回エントリーで、リンク貼らせていただくこともあろうかと思います。よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pegasusbis.blog35.fc2.com/tb.php/345-d1b5d918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

yamamoto at fc2

Author:yamamoto at fc2
ペガサス・ブログ版の記事の一部をミラーリングします.全部の記事は上記オリジナルをご覧下さい.
ファスレーン365の本
原発事故対策マニュアル 増補新版旧版PDF
共産党カクサン部 (ヨーコ部員)


デモの後はNHKへ!ニュースのスタジオへ!
f_logo.jpg   youtubelogo.jpg yamamoto1999


zero.gif
はたして、911 は本当にテロだったのか。ZERO は、原版(イタリア語)の制作(2007年)以来、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映された、対テロ戦争の原点を鋭くえぐる長編ドキュメンタリー。

mainimg180w.jpg

靖国問題ではビデオ「まだ軍服を着せますか?」もおすすめです:
紹介サイト当ブログ内

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。